‐新電力で無理せず節約‐ 姉妹サイトはコチラから

ケンウッド【DRV-C750】死角なしのパーフェクトドラレコ!デメリットは?

高まるドラレコ需要に、ここ最近はドラレコもどんどん高性能化しています。

そんななか、日本製ドラレコとして人気のメーカー「ケンウッド」から2020年8月、ついに満を持して360°撮影対応のドラレコがデビュー!

これさえ買っておけば、マジで死角なしのパーフェクト仕様!

その理由と、【DRV-C750】にもある⁉デメリットについて解説していきます。

目次

DRV-C750に死角なし!その理由は?

ヒロ
ヒロ

【DRV-C750】に死角がない?

たしかに、360°撮影可能ってことだし言わんとしてることは分かるけど、ほんとうに「死角がない」「パーフェクトなドラレコ」って言えるのか、疑問に思っていおられる方も多いでしょう。

どういった部分が、そう言い切れる要因なのか具体的に解説していきます。

車内もばっちり録画でもしもの事態に備える《メリット①》

市場にある多くのドラレコは、フロントガラスから前方を撮影しているものです。

これに加えて、後方用のカメラが付いたドラレコを選ぶことで車両の前方と後方をカバーすることができます。

ヒロ
ヒロ

でもちょっと待って!!
これじゃあ、車内の様子はまったくわからないよね

そのとおりです。

ニュースやYouTubeを観ていると、あおり運転後に停車させられてドライバーが降車。

暴行や器物損壊行為に及ぶこともめずらしくはありません。

こういったシチュエーションに自分が遭遇した場合、上記のような前後撮影タイプのドラレコだと、その様子が一切映っていないことがほとんどでしょう。

そこで活躍するのが、今回紹介しているケンウッド製ドラレコ【DRV-C750】のような360°撮影対応のドラレコです。

フロントガラスに取り付けた、【DRV-C750】は本来のお仕事である車両前方の撮影はもちろんのこと、その売り込み文句「360°撮影対応」の名のとおり、360°撮影が可能です。

よって、車内の様子もばっちり捉えてくれているので、もしものトラブルのときにも安心です。

オプションのリヤカメラ【CMOS-DR750】で後方も鮮明に撮影!《メリット②》

これまでにも360°撮影対応のドラレコは、他のメーカーから販売されていました。

ただ、すべてをいいとこ取りしたドラレコというのもなかなか難しく、盲点として後方車両のナンバーまでは視認できませんでした。

あくまでフロントガラスに装着したカメラで、後方視界を完ぺきに撮影することは難しいです。

それこそ、クーペ車などでリヤガラスが小さかったり、後席に荷物や人が乗った状態になれば、さらに後方の撮影は困難です。

ヒロ
ヒロ

また、魚眼タイプのレンズとなる【DRV-C750】は、一般的な前方撮影カメラのレンズと比べると、まだまだ画質が劣ることもその要因のひとつです

しかし、さすがは天下のケンウッド様です。

ケンウッド製ドラレコ【DRV-C750】はそんなデメリットをもカバーしてくれます。

【DRV-C750】のオプション用品として、専用のリヤカメラ【CMOS-DR750】を用意。

Full-HD(1920 × 1080)の解像度で、画質に不安はありません。

これまで、360°ドラレコに接続可能な「セットもの」としての車両後方撮影用カメラはありませんでした。

【CMOS-C750】の誕生によって本当の意味で

  • 車両前方
  • 車両後方
  • 車室内

すべてを鮮明に撮影することが可能となりました。

まさに「死角なしの最強ドラレコ」の一角を担う商品であることは、間違いないでしょう。

そのほかのDRV-C750のセールスポイント【メリット】

ほかにも【DRV-C750】を選ぶことのメリットを解説します。

ドラレコ本体にキャパシタ内蔵で、万一の事態に備える《メリット③》

事故したときに、その衝撃で電源が遮断されて肝心の部分が録画されていなかった…

ということって、珍しくありません。

安物のドラレコならなおのことです。

しかし、【DRV-C750】は違います。

ドラレコ本体の内部にキャパシタと呼ばれる蓄電池を内蔵しています。

それにより、万が一の事態にも録画ファイルの破損を防ぎ、「事故したのに録画データが無い!!」という事態を防ぎます。

最大6パターンの録画モードで自分に合ったものを選べる《メリット④》

通常4パターン、リヤカメラ【CMOS-DR750】追加時は6パターンの録画モードより自分に合ったものが選べます。

録画映像のパターンが複数タイプから選べるのも、360°撮影対応の【DRV-C750】だからこそ。

迷ってしまいますが、ここは車内と車両前方&車両後方を確実に確認できるモードの【360°カメラ各モード+リヤカメラ】での撮影モードとしておきましょう。

そうでないと、この盤石のドラレコ装備のメリットを享受できませんからね。

最長24時間対応の駐車監視モードも見逃せない!《メリット⑤》

オプションで別売りのケーブルの購入が必須ですが、【DRV-C750】の「駐車監視モード」はなかなか優秀です。

最長で24時間ものタイマー録画が可能な駐車監視モードは、業界トップクラスの性能です。

もちろん、衝撃検知だけでなく動体検知にも対応しているので、出先での駐車中に大切なおクルマになにかあったときにも盤石の態勢で、確固たる証拠を録画します。

ヒロ
ヒロ

それこそ側面へ当て逃げされた場合、前後タイプのドラレコだと死角になってしまう決定的瞬間も、360°タイプのケンウッド【DRV-C750】なら、ばっちり録画できちゃいます!

地デジ電波・LED信号機対策もOK!GPSも搭載《メリット⑥》

  • 地デジ電波対策
  • LED信号機対策
  • GPS搭載

このあたりのドラレコとしての必須機能も、もちろんカバーしているケンウッド【DRV-C750】。

地デジ対策できていないドラレコは、

  • 電波干渉で地デジが映らない
  • 電波干渉でラジオにノイズが入る
  • 電波干渉でキーレスの作動不良が起きる

…といった不具合が起きます。

(実は我が家の妻のクルマですべて体験済み(笑))

また、LED信号機に対応していないドラレコは、点灯とドラレコの撮影周期によっては信号機がまるで無灯状態のように映ってしまうこともあります。

GPS搭載ドラレコは、GPSで自動同期するのでわずらわしい日時の設定は不要です。

もちろん位置情報もわかるので、専用のソフト(ケンウッドのHPから無償でDL可能)を使えば、地図上での走行記録の表示も可能です。

DRV-C750のデメリット2選

ケンウッド【DRV-C750】は、まさに死角なしの最強ドラレコ!!

…とここまで言っておきながら、しっかりとデメリットがあることも理解しておくことは重要です。

ヒロ
ヒロ

というわけで、【DRV-C750】のデメリットポイントを探してみたよ

対応しているmicroSDHCカード容量は32GBまで【デメリット①】

ケンウッド製ドラレコ【DRV-C750】は、記録媒体であるmicroSDHCカードの許容容量がそこまで大きくありません。

最大で32GBまでです。

たとえば、おなじケンウッド製のドラレコ【DRV-MR8500】は128GBまで対応しており、さらにダブルスロットで最大256GB分の記録を保存することが可能です。

これは極端な例ですが、容量が決して大きくないことは明白です。

モヤモヤ君
モヤモヤ君

じゃあどれくらいの時間の録画が可能なの?

購入状態のデフォルト(駐車監視モードは使用しない)の場合、32GBで常時録画のみでの録画可能時間は以下のとおりです。

  • 標準モード…125分
  • 長時間モード②…1004分

※長時間モードは画質を落とした録画モードです。

オプションのリヤカメラ【CMOS-DR750】を装着した場合は以下のとおりです。

  • 標準モード…81分
  • 長時間モード②…502分

フロント(DRV-C750)のみの場合と比べて、およそ半分となります。

標準モードだと、1時間半の運転であれば運転開始時の映像はもうすでに上書きれて、観ることができない状態です。

32GBまでのmicroSDHCしか対応していないところを見ると、大きい容量のmicroSDHCカードに対応していない点が非常にもったいです。

そのせいで、見ておきたい録画データがすでに上書き済みで、見ることができない…ということが起こる可能性があります。

ただ基本的には、衝撃検知や任意で録画ボタンを押したときの「イベント録画」データは、上書きされずに保存されるので、通常使用時において困ることはないのではないでしょうか。

電源の取り出しがシガープラグコード【デメリット②】

ドラレコの電源取り出し場所は、以下の2パターンがあります。

  • アクセサリ(シガー)ソケット
  • 車両配線(電源直結タイプ)

ケンウッド(KENWOOD)製のドラレコはアクセサリ(シガー)ソケットから取り出すタイプが標準です。

これは手軽である反面、配線などが車室内で目立ってしまったり、邪魔になることが多いです。

よって、実際にわたしたちが仕事でドラレコを取り付ける際は、お客さまの多くがアクセサリ(シガー)ソケットからの電源取り出しは希望されません。

その場合は以下のような電源ソケットを使用して、アクセサリ(シガー)ソケットコードを配線に変換して、車両配線から電源を取り出します。

よって【DRV-C750】の場合、配線等をきれいに隠して車両に取り付ける際は、ドラレコ以外に上記のタイプの【電源ソケット】を、用意しなければいけないことを覚えておきましょう。

この点が、デメリットといえばデメリットでしょうか。

ちなみに、オプション用品で車両配線から電源を取り出せるハーネスが用意されています。

ヒロ
ヒロ

でも値段が高いので、僕なら前者の電源ソケットでじゅうぶんかな~

また、、駐車監視モードを活用する場合は車両からバッテリー電源(IG-OFF時も12V)線を取る必要があります。

【DRV-C750】に付属のアクセサリー(シガーソケット)ではなく、車両配線から電源を取るための専用の電源ハーネスを使用しなければいけないので注意しましょう。

まとめ《ケンウッド製ドラレコ【DRV-C750】死角なしのパーフェクト仕様!デメリットは?》

ケンウッド製ドラレコ【DRV-C750】の魅力は、ドラレコの性能をフルに装備して、もしもの時に後悔しないように全方位をカバーしているところです。

細かい部分でいえばデメリット部分もありますが、日常使いで特に問題はなさそうですので気にすることもなさそうですね。

360°カメラ+リヤカメラという「死角なし」「パーフェクト」仕様で、

  • あおり運転
  • あおられ運転
  • 悪質な幅寄せ
  • 車両に近づいてきての恫喝
  • 駐車中の長時間監視

あらゆるシチュエーションを「前後」「左右」「車内」全方位で完ぺきにカバーして、もしものときに備えましょう。

備えあれば憂いなし!

ドラレコは、つけてて後悔することはありませんよ~

→楽天市場で正しく表示されない方はコチラから

この記事を書いた人

元某国産ディーラー→現在は高級欧州車ディーラーの現役自動車整備士。
合格率3%とも言われるメーカー最上位資格を取得。

整備の技術・知識を競う全国大会にも会社代表で出場するなど、整備士としてやることはやりきってきました。

それらを活かしたカーライフに役立つ知識や、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる