‐新電力で無理せず節約‐ 姉妹サイトはコチラから

新型アクアの人気色・ボディカラーランキング!おすすめを現役整備士が解説

待望のトヨタ アクアのフルモデルチェンジで、さらに加速するトヨタの人気。

こじんまりとしたボディサイズで、老若男女問わず誰もが運転しやすく、多くのひとから選ばれる一台の仕上がっています。

この記事では新型アクアの以下のことについて、解説しています。

  • 新型アクアの人気色ランキング
  • すべてのボディカラーを徹底解説
  • 現役整備士が選ぶオススメボディカラー
目次

新型アクアの人気色・ボディカラーランキング

アクアのボディカラーは全部で以下の9色です。

  • スーパーホワイトⅡ
  • プラチナホワイトパールマイカ
    →(+33,000円)
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • エモーショナルレッドⅡ
    →(+55,000円)
  • クリアベージュメタリック
  • ブラスゴールドメタリック
  • アーバンカーキ
  • ダークブルーマイカメタリック

またこの中で有料色(メーカーオプションカラー)は、「プラチナホワイトパールマイカ」「エモーショナルレッドⅡ」の2色のみの良心的な設定です。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

それではこの全カラーラインナップの人気ランキングおよび、それぞれの色の解説をしていきましょう!

1位 プラチナホワイトパールマイカ

https://toyota.jp/

アクアでもっとも人気のボディカラーは【プラチナホワイトパールマイカ】です。

定番色でリセールも安定しており、老若男女問わず乗れるのが人気の理由です。

特に、3~40代の男性からの人気が高く、ベーシックなホワイトパール色をもとにカスタマイズを楽しむオーナーさんが多いです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

このツイートのオーナーさんもカスタムしていますが、シンプルにまとめていてかっこいいですね!

キレイにされたプラチナホワイトパールの艶感は最高ですね。

ボディコーティングなどをしっかりおこなった上で、洗車の度に感じられるヌルテカ感は、ホワイトパール色ならでは。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

飽きのこないシンプルなカラーながら、やはり有料色とだけあって光の当たり方などでボディの表情の変化が感じられるのが魅力的ですね

2位 シルバーメタリック

https://toyota.jp/

【シルバーメタリック】は人気色としてのイメージは薄いかもしれませんが、アクアは「年配の方」や「クルマにこだわりはないけれど、コスパの良い安心できるクルマに乗りたい」…といった、オーナーさんが多い車種です。

そういったオーナーさんからの高い支持を得ることで、人気ランキングでは上位となりました。

  • 目立ちたくない!(派手な色は敬遠)
  • キズが目立つ色は嫌
  • 汚れが目立つ色は嫌

上記のような特徴を求めていくと、シルバーメタリックに落ち着きますし、ディーラーの営業さんも同様にオススメしてくるはずです。

しかし、もちろんそういったモノとしての勝手の良さだけがシルバーメタリックの魅力ではありません。

シルバー系のボディカラーは、ボディのプレスラインがしっかりと出てボディに陰影感がはっきりと出る色です。

シャープで洗練された落ち着きがあります。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

よって、カスタムのベースとして多少手を加えても、ゴテゴテしないというのもこの色のメリットだと言えるでしょう

3位 ブラックマイカ

https://toyota.jp/

【ブラックマイカ】も定番の人気色で、それはアクアにおいても同じです。

2~40代の働き盛り世代の男女から圧倒的な人気を得ているボディカラーです。

「どんなクルマでもブラック一択!」

そんなオーナーさんも少なくありません。

https://twitter.com/symmetr00798824/status/1430774233613836291?s=20

こうやって実際に見ても、純正エアロがついているだけでほかのボディカラーには出せないカッコよさ、厳つさがにじみ出てしまっています。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

これは、ブラックマイカがゆえに出せる雰囲気でしょう。

夏場はボディも車内もほかのボディカラーよりも熱くなりやすく、洗車も気を遣うボディカラーですが、ブラックマイカを選んだオーナーさんにとっては、「カッコいい」という満足感さえあれば、それらのデメリットは帳消しにできてしまうのかもしれませんね。

4位 クリアベージュメタリック

https://toyota.jp/

【クリアベージュメタリック】は、時代のトレンドを抑えたオシャレなボディカラーです。

こういったベージュ系ボディカラーは他車種でも近年増えており、アクアもご多分に漏れずです。

もちろん、増えているということは人気の証。

特に若い女性やファミリー層からの支持を集めています。

悩める購入者のアイコン画像悩める購入者

ベーシックな黒白系のボディカラーもいいけど、少し飽きたしほかの色のクルマにもチャレンジしてみたいな

そう考えているオーナーさんが選択肢に入れることも多いようです。

優しい色合いの愛されカラー、クリアベージュメタリックの愛車アクアは,きっと長く愛着の湧く1台となるはずです。

ボディメンテナンスもしやすい色なので、洗車をあまりしないという方にとっても、個人的にはプラチナホワイトパールマイカなどよりもオススメできる色です。

https://twitter.com/naorin_10969/status/1431905339591430144?s=20
https://twitter.com/super_choko/status/1417347891119628288?s=20

5位 アーバンカーキ

https://toyota.jp/

【アーバンカーキ】もクリアベージュに引き続き、昨今増えてきているオシャレカラーのひとつです。

いわゆるアースカラーと呼ばれる色合いが、いまのわたしたちに安心感を与えてくれます。

アーバンは「都会的」という意味を持ちますが、その名のとおり都会的で洗練されたハイセンスなボディカラーは、新型車との組み合わせがバツグンにマッチしています。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

しっかりとクリアののったヌルッと感も堪りません(個人的見解(笑))

オシャレではあるけれども、単調なボディカラーという印象を持つひともいらっしゃるかもしれませんが、以下のツイートにもあるように、光の当たり方で大きく見え方(色のトーン)が異なってきます。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

うーん、どっちに転んでもやっぱりオシャレ!

順位以上にユーザーからは好印象なボデイカラーだと言えるでしょう。

6位 エモーショナルレッドⅡ

https://toyota.jp/

【エモーショナルレッドⅡ】は鮮やかで美しい赤色です。

「Ⅱ」とボディカラー名に入っているとだけあって、従来からある赤のボディカラーからさらに深みや艶感を増しています。

赤色の持つアグレッシブさと、進化したエモーショナルレッドⅡの上質感のバランス感は絶妙です。

ここ最近は、街中でも赤色のクルマを見ることが多いこともあって、存在感のあるボディカラーながら老若男女問わず幅広い層から支持されています。

特に晴れた日の太陽の下で、これでもか!!…と輝くエモーショナルレッドⅡには、思わずうっとりするはずです。

またこの色は、遠目で汚れなどが目立ちにくい点がメリットです。

7位 ダークブルーマイカメタリック

https://toyota.jp/

【ダークブルーマイカメタリック】って、これと言って目立たない地味な色とか思っていませんか?

とんでもない!!

以下のツイートのように、暗い場所や屋内ではその名のとおりダークブルーの質感で、大人の色気がある高い質感を演出するボディカラーです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

(青感の強い)紺色っていう表現が近い色のトーンに見えるね

一方で、太陽の下などの明るい場所では…

悩める購入者のアイコン画像悩める購入者

え?本当に同じ色!?

と、疑いたくなるほどに異なった表情を魅せてくれます。

下記のツイートでは、天気は悪いものの屋外で撮影した写真ですが、青みが強く見えます。

https://twitter.com/KUdtQGnIWnfUegI/status/1436883400833454086?s=20

晴れていればさらに鮮やかみのあるブルーに見えるでしょう。

というわけで、意外とこだわり深いボディカラーということもあり、クルマ好きの男性を中心に人気を集めています。

雨の後などの汚れが目立ちやすい濃色ですが、コーティングなどを施工することで、日々のボディメンテナンスを手軽にできるようにして、常にきれいに保っておきたいですね。

8位 ブラスゴールドメタリック

https://toyota.jp/

【ブラスゴールドメタリック】は、派手!他ではなかなか見ない色がゆえに目立つ!

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

なかなかここまで「THE 金!!」というクルマってないですよね。

アクアのデザインに収まると意外としっくりくるので、カラーラインナップに採用されたのもある意味納得!?

とはいえ、ボディカラーとしてはアブノーマルな色であることに違いはなく、人気ランキングとしては下位に沈む結果となってしましました。

ブラスゴールドメタリックはほかの色と悩んでいるようであれば、あまりオススメしません。

やはり、金色一択という強い決意がなければ、購入後ふと『もっと普通の色にしておけば…』というあらぬことが頭に思い浮かんでしまうはずだからです。

もちろん、リセールバリューも人気色と比べると不利にはなってしまいます。

そんななかでも、他人と被りたくない!クルマ選びのうえで冒険してみたい!…そんな遊び心がある方であれば、ぜひオススメの一色だと言えます。

https://twitter.com/netzchubutoyota/status/1416986201949569025?s=20

9位 スーパーホワイトⅡ

https://toyota.jp/

【スーパーホワイトⅡ】は、エントリーグレード「B」のみで選択可能なボディカラーです。

いわゆる営業車によくあるソリッドの白です。

一般ユーザーさんはほとんど選ぶことのない色です。

現役整備士が選ぶオススメ色『2選』

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

すべてのボデイカラーの解説が終わったところで、現役整備士のわたしのオススメ&自分がアクアを購入するなら検討するボディカラーを『2色』紹介します。

上質感のある【クリアベージュメタリック】

https://www.toyota-corolla.co.jp/blog/store/detail/172192

まずはじめに、オススメなのが人気ランキングでは4位の【クリアベージュメタリック】です。

可愛らしい愛されカラーが、キュートな新型アクアのエクステリアにもピッタリですね。

光沢感があり上品な印象を受ける色味なので、ワンランク上の車格感を演出してくれるボディカラーである点が決め手です。

汚れも目立ちにくく、手入れのときもそこまで気を遣わなくてもいいのもポイントが高いですね!

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

やはりキレイな状態に保ちやすい(厳密にはキズなどが目立ちにくい)のは、クルマ好きにとっては精神衛生上も良いので(笑)

30歳を過ぎた家庭持ちのいまのわたしにとっては、こういった合理的かつ優しい雰囲気のボディカラーはやはり魅力的です。

逆に独身時代の20代の頃であれば、もっとビビットな色を好んでいたかもしれません。

オシャレ上級者にマッチ!【アーバンカーキ】

【アーバンカーキ】は、都会的でハイセンスな色とすでに紹介しましたが、一方でアウトドアテイストな印象を受ける色でもあります。

それもそのはず。

このアーバンカーキは、トヨタのSUVRAV4や「カローラツーリング」の 500台限定特別仕様車「アクティブライド」のイメージカラーでもあるからです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

実際にトヨタとしても、アウトドア感を意識したボディカラーとして推している証拠だね!

しかし、こってりアウトドア!…という雰囲気にならないのが魅力のひとつ。

あくまで「オシャレ×センスの良さ」を表現した、これまでになかったような色合いが、多くのひとを魅了します。

どこか感じるレトロ感も堪りません!

せっかく新しいクルマを買うなら、これまでにあまり選択肢に無かった色に挑戦してみたくなるもの。

…というわけで、メジャーなボディカラーはあまり選びたがらないわたしのなかでは「クリアベージュメタリック」「アーバンカーキ」の二択ということで、改めてこの2色をご紹介させていただきました。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

ちなみに、Twitterでたまたま同じ2択で考えてらっしゃる方がいました(笑)

まとめ【新型アクアの人気色・ボディカラーランキング!】

トヨタの人気車種アクア。

初代も多く街中で見かけてきましたが、新型アクアも同じように多くのユーザーさんにとって魅力のある車であることは間違いなく、今後さらに街中で見かけることも多くなってくるでしょう。

人気ランキングでは下位に位置したボディカラーも、売れ筋車種ということもあり、街中で見かける機会は少なくありません。

悩める購入者のアイコン画像悩める購入者

ちょっと目立っちゃうかな?

…と、もし定番色以外を考えてらっしゃるのであれば、そういった理由からほかの車種と比較しても変に浮いてしまうようなことはないと思われます。

ぜひ、ご自身が好きなこれだ!と決めたボディカラーを胸を張って選んでみてください!

クルマの下取り額アップを狙って、浮いたお金でオプション装備を追加しちゃおう!!

この記事を書いた人

元某国産ディーラー→現在は高級欧州車ディーラーの現役自動車整備士。
合格率3%とも言われるメーカー最上位資格を取得。

整備の技術・知識を競う全国大会にも会社代表で出場するなど、整備士としてやることはやりきってきました。

それらを活かしたカーライフに役立つ知識や、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

関連記事一覧

目次
閉じる