高ッ!価格650万円のカムリとは!?【辛口評価】カムリスポーツとは別モノ !

トヨタ
日本の自動車業界は昔と比べてセダンが売れない時代になりました

それでも、トヨタが生み出すセダンはいつの時代もユーザーを魅了しています。

2019年内にマークXが生産終了したのちに、トヨタのミドルセダンをけん引するのは間違いなくカムリでしょう。

ヒロ
ヒロ

カムリかっこいいですよねー


そのカムリに650万円のモデルが登場しました。

ちなみにベースグレードの2倍の価格です。

なんじゃそりゃ!正直言って、高い…。

それでも、クルマ好きなら気になりますよね。

最後に期待を込めて辛口評価もしてますので、気になる方はぜひ読んでみてください!

 
スポンサーリンク

高ッ!650万円のカムリの正体は?

650万円って言ったら、クラウンのえぇヤツが買えちゃう価格帯です。

レクサスのGSやRCも、エントリーグレードであれば500万円台後半から新車がラインナップされています。

ヒロ
ヒロ

やっぱり高い…(笑)

 

オフィシャルチューナーTOM’Sが仕上げたクルマ【C35】

 
そんなバカ高いカムリの正体は、トヨタのオフィシャルチューナーとしてモータースポーツの世界でも活躍してきた、TOM’S【以下、トムス】が仕上げたコンプリートカーです。

 
その名も【TOM’S C35】


ローレルじゃないょ…(わかる人にはわかるはず)

 
よって、ふつうにトヨタのディーラーで購入できるカムリとは異なります。

C35は愛知県豊田市にあるコンプリートカー販売店「PLATINUM ROAD」で購入することができます。

ヒロ
ヒロ

あくまでディーラーでは買えないみたいだね

 

北米仕様の純粋な輸入車

このC35は、実は北米仕様のカムリがベースなっています。

なので、左ハンドルなのはもちろんのこと、エンジンは国内では展開されていない、V型6気筒の3.5Lガソリンエンジンが搭載されています。

ちなみに以下のものが標準装備されています。

  • シートヒーター付き本革シート
  • パワーシート【運転席および助手席】
  • スライドムーンルーフ
 
もちろん、これらだけで650万円もの価格にはなりません。

例えば以下のような専用装備がほどこされています。
 
  • 専用開発されたエアロ
    これはモータースポーツの世界で培われた知識・技術を元に、最新の空力性能をもったものです。
    もちろん、デザイン性の高さも◎
 
 
  • オーバルタイプの4本だしマフラー
    ステンレスタイプの4本だしマフラーは、とてもカッコよくて、迫力あるテールを演出してくれます。

 

  • インテリアにTOM’Sロゴのパーツ
    クルマ好きにとっては、こういうさり気ない演出がたまらなかったりしますよね。
    「TOM’Sのロゴを映し出すドアカーテシランプ」「TOM’Sロゴ入り専用フロアマット」「TOM’Sロゴの入ったプッシュスタートボタン」

 

                          (参照元;https://gazoo.com)

BMWのアルピナに憧れ?物足りなさも

トムスの代表の方は、いつかトヨタ車でBMWのアルピナのようなクルマをつくりたいという夢を抱いていたのだとか。

アルピナといえば、エンジンの中身まで手を加えられたモデルで、素のBMWとは見た目こそ素人にはちがいがわからないレベルかもしれませんが、わかる人にとってはまったくの別モノと言っても過言ではありません。

そんなアルピナにインスピレーションを受けてつくられた?…かもしれないトムスのC35ですが、アルピナのトヨタ版…と言うには少し物足りなさも感じます。

 

専用マフラーによりレスポンスの向上が図られているものの、ンジンはノーマルのままです。

エンジンに関しては国内仕様にはない3.5Lエンジンの素性が高くそのままの状態でも、十分なパフォーマンスを発揮できるとの判断だったようですが、足廻りなどもふくめて、もう少し手を加えてもよかったのではと思います。

もともと、万人ウケを目指してつくったクルマではないでしょうから、とことん振り切ってほしかった感は否めません。

豊富なオプション装備

そんなわけで、この程度じゃ満足できないぞ‼︎…とうユーザーに向け、豊富なオプションを用意しています。

一部を以下に紹介します。

  • スロットルコントローラー
  • ラムタイプエアエレメント【純正置き換えタイプ】
  • ローダウンスプリング【純正ダンパーに適応】
  • ステアリング【リアルカーボン×パンチングレザー採用】
  • 専用アルミホイール【TH01】

 

C35について辛口まとめ

さいごに主観も入りますが期待もこめて、650万円のカムリについて評価したいと思います。

変人相手にもっと振り切ってほしい

用意されたオプション品を考えると、もう少し価格設定を高くしてでも標準装備しても良かったのでは?と感じます。

必要なのか不要なのかの問題はさておき、量産するクルマではないし、元々が650万円もするカムリです。

同じ値段を出すなら、もっとほかに車格の高いクルマがあるのでそちらに魅力を感じるはずです。

そこで、あえて650万円のカムリを選ぶ人は間違いなく変人です(クルマ好きとしていい意味で言っています(笑))

変人相手に、守りに入っても仕方ないでしょう。

それならば、もう50万円100万円価格を上乗せしてでもオプション品を標準装備して、インパクトが欲しかったです。


これだけの値段するけど、それを納得させるだけのこんな装備がてんこ盛りだぞ!


…ってね。


このあたりが日本車らしいところですよね。

フィアット500ベースのアバルトなどを見てればわかりますが、振り切ってますもんね。

正直、このあたりは国内外で異なる、業界事情が関係してるのでしょうが…

エンジンに手を加えてほしかった

                              (参照元;https;//gazoo.com

 

国内販売されているカムリのベースモデルの2倍もの価格がするC35ですから、アルピナにインスピレーションを受けた部分があるのであれば、エンジンにまで手を加えてほしかったのが本音です。

もちろん、ハイブリッドとV6 3.5Lガソリンというパワートレインの根本的な違いはあ
ますが、やはりノーマルのままでは実力はさておき、メッセージ性的に物足りない。

だって、価格150万円のマーチ12SRですら専用ピストンやカムシャフトが採用されメカチューンされていたんですよ?

前向きな開発のキッカケになれば

いろいろとダメ出しをしてしまいましたが、クルマ好きって買える買えない関係なく、あーでもないこーでもない、あれがいいこれがいいって言いたい生き物なんですよね。

トムスほどのメーカーであれば、そんなクルマ好きたちを「おっ!」と驚かせるクルマが開発できると思います。

もしこのC35の販売が好調に推移してさまざまなユーザーの声がフィードバックすれば、次の一手としてわたしたちが望むような、振り切った・ぶっ飛んだコンプリートカーが出てくるかもしれません。

日本ももっとこういったクルマが、欧州のように一般ユーザーにまで受け入れられるクルマ社会になれば嬉しいですね。

また、今現在クルマの乗り換えを検討しているひとが、損せずお得に乗り換えするための方法を以下の記事で解説しています。(無料で査定の結果、今なら楽天ポイント5,000Pもらえるチャンスも!)

ネットの一括査定なのに、迷惑なセールス電話なし!!

プロの整備士だからこそ知る、あなたが今乗っているお車を高く下取りしてもらえるかもしれない方法ですのでぜひ、参考にしてみてください。

 

トヨタ
スポンサーリンク
シェアして友だちにも教えてあげよう!
hiroadsterをフォローする
ヒロブログ

コメント

いま乗ってる車を、高く売りたくないですか?
【査定額アップ術】解説記事はコチラ
いま乗ってる車を、高く売りたくないですか?
【査定額アップ術】解説記事はコチラ
タイトルとURLをコピーしました