初心者が最初に買うべきメインランタンはジェントスのLEDで決まり!理由は?

雑記

アウトドア・キャンプブームでこれからアウトドアグッズを集めようと考えている人も多いはず。

日帰りキャンプだったとしても、万が一暗くなってしまったときや、ナイトキャンプ時に必須なのがランタンです。

ヒロ
ヒロ

でも正直、種類が多すぎてなにを買えばいいのかわかないですよね。

 

初心者であればなおさらで、ランタン1つをとっても疑問がたくさんあります。

 

何を買ったらいいの?

どれなら十分な性能なの?

コスパがいいのはどれ?

持っていて自慢できるブランドは?

 

これらのすべての疑問、実は数年前のぼくが持っていたものなんですけどね(笑)

そこで同じような疑問や悩みを持つあなたに、この記事では手っ取り早く【これ買っておけばマジで後悔しない】と言える逸品を紹介します。

 

スポンサーリンク

初心者キャンパーはジェントスSOL-013Cを買えばOK

結論から言いましょう。

【ジェントス SOL-013C】を買ってください(笑)

これを買っておけば、本当に後悔しません。

いや、後悔させません。

それくらいオススメできる商品です。

なぜ初心者にジェントスのLEDランタンをオススメするの?

はやく、何故そこまで胸を張ってオススメできるのか理由が知りたいですよね。

では早速、解説していきましょう。

LEDタイプは身軽・手軽・安い

そもそもランタンには大きく分けて以下の3種類があります。

 

  1. ガスランタン

  2. ガソリン(灯油)ランタン

  3. LEDランタン

 

初心者がいきなり、ガスランタン・ガソリンランタンを使うのはハードルが高いです。

これらだと装備が増え、購入価格も高く、使うのにコツが必要であったりするからです。

まずは気軽にやりたくないですか?

だからLED一択で間違いありません!

メインランタンとして使える強み

圧倒的な明るさでは燃料を使うランタンにはLEDランタンは勝てません。

しかし、果たしてどこまでの明るさ(ルーメン)があればいいのかわかります?

ヒロ
ヒロ

わたしはわかりませんでした!(笑)

 

ちなみに先ほどからオススメしている【ジェントス SOL-013C】約530ルーメンあります。

じゃあ、それってどうなの?というところですが、今のところわたしは十分だと感じています。

 

5〜6人で街頭もない真っ暗なところでよくナイトキャンプをするのですが、片付けのときもこのランタン【ジェントス SOL-013C】が1つあれば不自由はしません。

そりゃ上を見ればキリがなく、明るいに越したことはありません。

しかし、個人の感覚はあるとは思いますが、初心者にとって大切なのは

安くてもいい商品を買って損せず満足できるもの

を買うことですからね。

SOL-013Cは単1電池3本を使用

電源元って大切です。

どんなサイズの電池なのか?充電は可能なのか?

ジェントスSOL-013Cは単1電池を3本使用するタイプです。

電池が大きくて煩わしそうと思います?

これくらいの明るさを求めるのであれば、単1電池は当たり前です。

なんなら、安モノ買えばもっと低クオリティで電池をたくさん使うものだってあります。(紹介しているジェントス SOL-013Cも十分安いのですが)

 

参考までによく一緒にキャンプをする友人が、同じジェントスでLEDランタンを持っているのですが古いタイプで、わたしのものより暗いのに単1電池を6本使用しなければいけません。

ヒロ
ヒロ

つい先日、もう我慢ならないからとわたしの持ってるランタンの品番を教えてくれと言ってきました(笑)

SOL-013Cは長寿命

電池の話と関連があるのですが、ジェントスのLEDランタンにはもっと明るいものが2種類ラインナップされています。

品番 明るさ 電源 使用時間
EX-1300D 1300ルーメン 単1電池4本 7時間
EX-000R 1000ルーメン 単1電池3本 3時間

 

倍以上の明るさを発揮できるのはすごいですよね。

しかし、ネックなのが点灯時間です。

SOL-013Cが530ルーメン・単1電池3本で20時間なので、【EX-1300D】は1/3、【EX-000R】は1/7も寿命が短いです

 

明るいので当然といえば当然、EX-000Rに関して言えば同じ単1電池3本なので、寿命が短くなることは理解できるのですが、なんか割に合わないなーって印象を受けませんか?

ちなみに、わたし購入以降10回以上ナイトキャンプしていますが、一度も電池の交換をしていません。

暖色モードで使用しているので、記載の点灯時間より長くなるのですが、それにしてもいつになったら電池切れするの?…ってある意味、不安です。(笑)

ちなみにSOL-013Cは暖色モードだと40時間も保つそうです。

【白色・白昼色・暖色】好みで調色可能

これはもうジェントスのこのクラスのランタンなら当たり前に装備されている機能です。

とにかく明るく照らしたいときは、最大ルーメンを発揮できる白色で使用し、雰囲気を味わいたいときは暖色にすればOK。

しかもボタンの長押しで無段階調光も可能です。

好みや利用シーンによって1台で使い分けできるのは大きなメリットですね。

 

白色がいいのか、暖色がいいのか、初心者ならなおさら自分のスタンスにはなにが合っているのか分からないですよね。

SOL-013Cを買っておけば購入したあとで、ゆっくり自分に合ったランタンスタイルを1台で選ぶことができますよ。

本当、ジェントスのランタン優秀すぎます。

ジェントスってどんなメーカー?

さっきからジェントス、ジェントスって言ってるけど、ジェントスってどんなメーカーなの?と感じてるあなたに、サラッとわかりやすく紹介します。

ジェントスは国内トップシェアを誇る、1978年創業の日本の懐中電灯メーカーです。(安心の日本ブランドですね)

わたしの本職は自動車整備士ですが、整備士にとって作業時に手元を照らすライトは欠かせません。

実はこのようなワークライトも、ジェントス製が圧倒的な信頼を得ており、先輩も後輩も使用しています。

というのも、創業100年のアメリカの老舗工具ブランド【snap-on】にも、ジェントスはOEMしたりしてるくらいです。

実は知らずのうちにジェントス製のライトを使っていたということもよくあるのです。

SOL-013Cのクチコミ・レビュー

実際にSOL-013Cのクチコミを楽天市場やAmazonで見てみると、悪いクチコミがまったくありません。

いくつかピックアップしてみましょう。

 

ガスランタンも持ってますが、真下が影になってしまいますが、このランタンはホヤにあたる部分がパカっと取れて逆さに吊り下げられるので真下が影にならずとても明るいです。
グルキャンの時は、輪の中心に吊るし、ファミキャンの時はタープのポールに吊るせばカンペキでしょ~

 

かなり明るい!大きさ、重量等丁度良い感じです。これをメインにして、後016、620を使いました。電池ランタンだけで十分でした。

 

今までのランタンが暗くて購入しました。
実際に使ってみると夜のBBQも焼き具合は良く見えるし、とにかく明るくて快適です。
テント内でもとても明るくて普通になんでも出来そうですが、眠くて結局テント内ではすぐ消してるので、あまり活躍してませんが。。。
でも、買ってよかったです。
ずっと使えそうです。

 

明るくてGoodでした!
キャンプ場で他の方の明るさと比べてもかなり明るかったです。
そして、明るいだけではなく長時間使えるので、本当に満足!
いろいろ調べてこちらの商品に決めて良かったです。

いずれも引用元:https://review.rakuten.co.jp

 

ほかのランタンとの比較・デメリットは?

ヒロ
ヒロ

とにかくジェントスのランタンがいいのは分かったけど、ほかにもいいランタンあるんじゃないの?

そんな声も聞こえてきそうなので、そのあたりもしっかり紹介していきます。

コールマン【バッテリーガードLED ランタン/600】と比較

スペック的には、コールマンの【バッテリーガードLED ランタン/600】がライバルとして挙げられます。

価格は実勢価格で、ジェントス SOL-013Cが4,500円〜のところ、バッテリーガードLED ランタン/600 は4,000円~です。

同じ単1電池3本使用ですが、【バッテリーガードLED ランタン/600】は灯りの色が暖色のみで明るさもHigh/Lowの2段階のみ、Highの点灯時間は30時間です。

暖色としてはジェントスよりも間違いなく明るい点が強みですが、使い方のアレンジ幅が限られる点が気になります。

それでも価格・明るさ共に優秀なランタンだと言えるので、見た目も含めてこちらが好みだなという人は以下のリンクからどうぞ。

 

直接的に比較できるLEDランタンがほとんどない

ほかにもアウトドアブランドとして有名なLOGOS【ロゴス】snow peak【スノーピーク】もLEDランタンは販売しています。

しかし、サブランタンとしての明るさしかないもの、比べものにならないほど明るいものの両極端のものしかなく、ジェントス SOL-013Cとの比較対象がありませんでした。

もっといえば、ブランドネームがある分お値段も高くて初心者キャンパーだと躊躇する価格帯…
もちろん、スノーピークはおしゃれだし、ロゴスは機能的なランタンをラインナップしていて、それぞれに良さがあって魅力的ですけどね。

 

 

しかし、やはり懐中電灯メーカーとして確固たる地位を築いているジェントスの、かゆいところに手が届く幅広いラインナップは、圧倒的な強みです。

ジェントスSOL-013Cのデメリットは?

ジェントスSOL-013Cのデメリットといえば、すでに解説したようにガスランタンやガソリンランタンほどの明るさがない点です。

しかし、これもすでに解説したように必要十分な明るさがあることを2年以上使い続けてきて立証しています。

クチコミを見ても、ガソリンランタンを愛用するような玄人キャンパーたちからも、「明るい!」と高い評価を得ているのでデメリットとして気にすることはありません。

まとめ【初心者が最初に買うべきメインランタンはジェントスのLEDで決まり!】

キャンプをはじめたい!

アウトドアをはじめたい!

そう考えていても、続けるかわからない上にあまり高い出費は避けたいのが本音です。

一方で、今後どっぷりキャンプやアウトドアの趣味にハマるかもしれません。

どちらに転んだとしても、

 

  • 使い方のバリエーションが豊富

  • 値段もお手頃

  • 明るさも十分

  • それでいて長持ち

  • 目の肥えた玄人も認める

 

ヒロ
ヒロ

ジェントスのSOL-013Cを買えば後悔しません。

また、最近では自然災害も多いのでもしものときの備えが大切です

LEDランタンはそんな災害時の備えにもなるので、買っておいて損はありませんね♪

雑記
スポンサーリンク
シェアして友だちにも教えてあげよう!
hiroadsterをフォローする
ヒロブログ

コメント

いま乗ってる車を、高く売りたくないですか?
【査定額アップ術】解説記事はコチラ
いま乗ってる車を、高く売りたくないですか?
【査定額アップ術】解説記事はコチラ
タイトルとURLをコピーしました