‐新電力で無理せず節約‐ 姉妹サイトはコチラから

新型レヴォーグのボディカラーを現役整備士が徹底解説!クールな色が人気!

クルマ好き待望の2代目スバル「レヴォーグ」が、2020年10月ついにデビュー。

最近のスバルは落ち着きのある大人びたボディカラーがとても魅力的です。

 

この記事では現役の自動車整備士の管理人が以下のことについて解説しています。

 

  • 新型レヴォーグのボディカラー全色を徹底解説
  • 新型レヴォーグの人気色
  • 現役整備士が気になるボディカラー

 

目次

2代目新型レヴォーグのボディカラーを全色徹底解説

新型レヴォーグのボディカラーはぜんぶで7色です。

そのうち、有料色(メーカーオプションカラー)は【クリスタルホワイト・パール】の1色のみです。

 

ヒロ
ヒロ

では早速、新型レヴォーグの色を紹介&解説していきましょう!

クリスタルホワイト・パール

引用元:https://www.subaru.jp/

 

定番の【クリスタルホワイトパール】は、王道ツーリングワゴンのレヴォーグにベストマッチです。

定番色だからこそ万人に支持され、リセールバリューも安定、小傷なども目立ちにくく、メンテナンスしやすいボディーカラーです。

 

シンプルな色なので、オーナーそれぞれのこだわりを詰め込むベースに、ぴったりなボディカラーでしょう。

ただの白ではなくパール系の色なので、光が当たるとキラキラと反射する塗装面が美しく、上質な高級感を堪能できます。

 

近くで見るとパール塗装のもつ、塗装面の表情の豊かさがよくわかります。

手入れを怠っていると、水アカやコケがとても目立つのでこまめに洗車しつつ、いつまでも表情豊かなクリスタルホワイトパールを堪能したいですね。

 

 

アイスシルバー・メタリック

引用元:https://www.subaru.jp/

 

スバルといえば、このボディカラーをイメージする人もいるのでは?

【アイスシルバーメタリック】は、安っぽい営業車にあるようなシルバーではありません。

 

スバルの安全装備アイサイトは、ドライバーを安心感で包み込んでくれるスバルの代名詞です。

それをボディカラーでも体現しているようですね。

 

アイスシルバーメタリックは、やさしく包み込んでくれるような印象のあるシルバー色です。

また、シルバーはボディのキャラクターライン・エッジ部分が際立つので、ボディ面の明暗がくっきり分かれ、シャープで洗練された佇まいを演出します。

 

引用元:https://www.subaru.jp/

 

ヒロ
ヒロ

とくに、夜はカッコいいですね~


夜景がとってもよく似合います

 

 

マグネタイトグレー・メタリック

引用元:https://www.subaru.jp/

 

先代レヴォーグでも設定されており、人気色のひとつであった【マグネタイトグレーメタリック】が2代目である新型レヴォーグでも設定されています。

精悍なレヴォーグのカッコよさ・魅力を、引き出してくれるボディカラーです。

 

ヒロ
ヒロ

全体がグッと引き締まる色なので、ノーマルのままでもカッコいいですね

 

  • AWDの力強さ
  • 洗練されたオトナのスバルデザイン
  • 精悍でスポーティーなスバルデザイン

 

これらを、まとめて表現してくれるのがマグネタイトグレーメタリックです。

また、濃色のなかでも比較的メンテナンスしやすいボディカラーです。

 

 

クリスタルブラック・シリカ

引用元:https://www.subaru.jp/

 

【クリスタルブラック・シリカ】は、定番のブラックメタリック系ボディカラーですが、レヴォーグではほかの車種ほど、多いボディカラーではありません。

それは、決してブラックが似合わないのでななくて、ほかの色がそれぞれステキな色ばかりだからです。

 

クリスタルブラックシリカのレヴォーグは、ボディラインは目立ちませんがその代わりに、どしっと構えた塊感ある存在感が魅力的です。

好みの社外品ホイールなどで、自分好みに足元にアクセントを加えるカスタマイズがオススメです。

 

ヒロ
ヒロ

メッキや、ブロンズ、ブラック、ツートンカラーなど、黒のボディは割と色んなタイプのホイールがマッチします!

 

わたしがボディカラー紹介記事でかならず書くのですが、どうしても黒色は汚れが目立つので、お手入れを怠りがちなひとにはオススメしません。

汚れでくすんでしまったクリスタルブラックシリカは、どうしてもみすぼらしく見えてしまいます。

 

コーティング施工などで、日々の洗車をしやすくしてあげて、サッとでもいいのでマメに洗車してキレイに保ってあげたいですね。

 

 

ピュアレッド

引用元:https://www.subaru.jp/

 

レヴォーグでは少数派のボディカラー【ピュアレッド】ですが、だからこそ存在感があって目立ちますね。

 

ヒロ
ヒロ

おっ、赤のレヴォーグ珍しいな~となります

 

しかし、赤のボディカラーって特別感があってテンションが上がりますよね⁉

ドライブで海の見える景色、山のなか、青空のある光景…とくに、自然の風景とピュアレッドは相性バツグンで、どんな場面でも写真映えします。

 

思わず、シャッターを切る機会も多くなってしまうかもしれませんね。

「スポーティー=赤」というイメージを持つひとも多いはずです。

 

ピュアレッドのレヴォーグで、自分だけのカーライフを堪能しましょう!

 

引用元:https://www.subaru.jp/

クールグレーカーキ

引用元:https://www.subaru.jp/

 

令和の時代にマッチした、オシャレカラー【クールグレーカーキ】ですが、いままでにない独特の風合いがとても魅力的です。

わたしたちの知っているグレーとはすこし違います。

 

くすんだ水色という表現が分かりやすいでしょか。

アースカラーと呼ばれる優しい風合いと、マット感ある塗装面が新鮮です。

 

ここ数年で各メーカー、クールグレーカーキに似たようなボディカラーが増えましたね。

(マツダのポリメタルグレーや、トヨタのセレスタイトグレーメタリックなど)

 

安全装備に力を入れているスバルにはこうした優しい風合いのボディカラーが、メーカーイメージと非常によくマッチしています。

お手入れもしやすい色なのもgoodポイントですね。

 

 

ラピスブルー・パール

引用元:https://www.subaru.jp/

 

やっぱり、スバルといえばブルー!

これしかないでしょう!!

 

そんなイメージを持っている方は多いです。

【ラピスブルー・パール】は、まさにそんなスバルのイメージを現代に引き継ぐボディカラーです。

 

ネイビーに近いブルーで、悪目立ちしない落ち着きあるブルーカラーは好印象です。

メタリック感が強くて、光を反射して美しく輝くラピスブルーパールのレヴォーグには惚れ惚れします。

 

引用元:https://www.subaru.jp/

 

スバリストなら迷わず、ラピスブルーパール!

チューニングやカスタマイズのベースにももってこいのボディカラーです。

 

 

2代目新型レヴォーグの売れ筋人気色【2選】

二代目となる新型レヴォーグの売れ筋となる人気色はどれでしょうか。

2色をピックアップして、人気の理由を深掘りします。

 

車種を問わない定番色【クリスタルホワイト・パール】

 

やはり車種を問わない定番色【クリスタルホワイト・パール】は強いです。

スバル好きの方もそうでない方も、全員が選択しやすい定番色は、レヴォーグでもやはり人気の高いボディカラーです。

 

また、最上位グレード「STI SPORT」のみに設定されている赤色(エンジ色で落ち着きある赤です)の内装色とホワイトのボディカラーが、コントラストでお互いが非常に映える組み合わせです。

 

引用元:https://www.subaru.jp/

 

ヒロ
ヒロ

このスポーティー感、めちゃくちゃテンション上がりますね

 

ノーマルで乗ってもよし、カリカリにチューニングしてもよし

ホワイトパール色の持つ万能さは、やはり大きな魅力です。

グリルやヘッドイトのデザインも際立って、メリハリがつくのもいいですね。

 

都会的な洗練さを表した【アイスシルバー・メタリック】

 

【アイスシルバー・メタリック】も定番色としては人気が高いです。

この色も、クリスタルホワイトパールと同様に定番のシルバー色で老若男女、乗り手を選ばない万能カラーである点が、多くのユーザーに選ばれる理由です。

 

また、安っぽさのない澄んだ清潔感のある塗装感が、多くのユーザーを魅了するポイントです。

「安全装備×都会的」国内メーカーのなかでも…

 

  • 最先端をいく安全装備をもったスバルのクルマ
  • 感度の高い都会の人々もその魅力に心奪われる

 

そういったレヴォーグの良さを感じるボディカラーです。

もちろん、当たり障りなくON/OFF問わずどこにでも乗って行けて、お手入れも楽ちん、汚れやキズも目立ちにくい点も、わたしたち日本人の合理的な性格にマッチしています。

そんなところも人気のある理由のひとつです。

 

現役整備士が気になる新型レヴォーグのボディカラー

どうも、黒白シルバーの定番色はなぜか避けがちなわたし。

現役整備士であり、クルマ大好きなわたしが気になるレヴォーグのボディカラーは…

 

昔にはなかったいまの時代の流行に沿った最先端ボディカラーである、【クールグレーカーキ】です。

スバルXVにも設定されていて、そのときから魅力的なボディカラーで街中で見るたびに目を惹く色でした。

 

 

愛車にはほかとは違うこだわりを持ちたいので、ボディカラーも一風変わったものに惹かれます。

なかでも今の時代だからこそ、出てきた目新しい色は魅力的です。

 

  • 独特な風合いが最高!
  • くすんだ色合いが超オシャレ!

 

ヒロ
ヒロ

もうこれだけでの主観的な理由で、クールグレーカーキ一択です(笑

 

もちろん、ほかのボディカラーもどれもが魅力的なのであまりクールグレーカーキ!クールグレーカーキ!と言いにくいところではありますが、スバルは本当にステキなボディカラーを出してくれました。

 

まとめ【新型レヴォーグのボディカラーを現役整備士が徹底解説!クールな色が人気!】

クルマそのものの完成度も高く魅力的なレヴォーグですが、ボディカラーひとつ取っても魅力で溢れています。

どの色もいまの時代、いまのスバルにマッチした洗練されたボディカラーばかりなので、どの色を選んでもわたしたちクルマユーザーを満足させてくれることは間違いないでしょう。

 

ちなみに、ブログ仲間で現役のスバル整備士の方がレヴォーグについてわかりやすく以下の記事にてまとめてくれています。

良かったら、のぞいてみてくださいね!

 

 

また、最近は新車の値引きが以前と比べて少なくなり、新車購入時のお得感を感じづらくなりましたよね。

そんなふうに感じているあなたに、【現役プロの整備士が徹底リサーチしたクルマを賢くお得に乗り換えるために、わたしたちユーザー自身でできることを記事にしています。

ぜひ、良ければ参考にしてみてください^^

\↑ 5分でわかる!今すぐクリック! ↑/

この記事を書いた人

元某国産ディーラー→現在は高級欧州車ディーラーの現役自動車整備士。
合格率3%とも言われるメーカー最上位資格を取得。

整備の技術・知識を競う全国大会にも会社代表で出場するなど、整備士としてやることはやりきってきました。

それらを活かしたカーライフに役立つ知識や、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる