‐新電力で無理せず節約‐ 姉妹サイトはコチラから

N-BOX 標準モデルの人気色・ボディカラーランキング!現役整備士が徹底解説

言わずと知れた日本で一番売れているクルマ、ホンダ『N-BOX』。

取り回しの良い軽自動車でありながら、中は広く質感も必要十分、装備の使い勝手の良さも相まって、その魅力にハマってしまうユーザーが続出です。

N-BOX (エヌボックス) には『標準モデル』『カスタム』の2つのモデルがあります。

この記事では、淡く優しいトーンの色を中心にラインナップしている標準モデルのみに限定して、各色の解説・独自ランキングを紹介しています。

目次

N-BOX【標準モデル】の人気色・ボディカラーランキング

N-BOX (エヌボックス) 【標準モデル】で選択できるボディカラーは全部でモノトーン8色です。

それと合わせて、-コーディネートスタイル‐と呼ばれる特別仕様車に、ブラウンとの2トーンカラーが設定されています。

人気色ランキングは、分かりやすくモノトーン8色を元に作成しています。

また、オプションカラー(有料色・特別塗装色)を選択した場合に必要となる金額は以下のとおりです。

  • プラチナホワイト・パール
  • プレミアムアガットブラウン・パール
  • ピーチブロッサム・パール
    →+33,000円(税込)


  • プレミアムサンライトホワイト・パール
    →+55,000円(税込)


  • コーディネートスタイル3色
    →130,900円(税込)

1位 プラチナホワイト・パール

https://www.honda.co.jp/

栄えある、人気色1位は【プラチナホワイト・パール】です。

どんな車種でも突出した人気を誇る定番色は、日本一売れているクルマ『N-BOX (エヌボックス) 』でも例外なく人気ナンバー1です。

誰しもが納得の結果でしょう。

クセのある特徴はありませんが、こだわりが決してないわけではありません。

パールホワイトと言えば、その名のとおり真珠を彷彿とさせる上品な輝きを持っており、オーナーとしての愛車への満足感はバッチリ!

それでいて、手入れも楽なボディカラーです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

そりゃ、みんな買いますよね!

2位 プレミアムサンライトホワイト・パール

https://www.honda.co.jp/

1位と並んで同系色の【プレミアムサンライトホワイト・パール】が人気色ランキング2位にランクインです。

プラチナホワイトパールがいいのは分かるし、これまでもホワイトパール系のボディカラーを乗り継いできた。

しかし、そろそろすこーし味変したい(笑)

そんな方にぴったりの、魅力たっぷりの色です。

5つの層からなる塗装面で、ホワイト系の淡い色では表現の難しい、奥行きを表現しています。

それにより、これまでのホワイトパール色とは比較にならないほど、まさに真珠!

黄色っぽい白、青っぽい白…いつ見ても飽きない、さまざまな表情を魅せてくれるボディカラーです。

爽やかで透明感もあって、プレミアムサンライトホワイトパールに一目惚れするひと続出中です!

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

わたしもN-BOX (エヌボックス) を購入するなら、この色を選ぶと思います!

3位 ルナシルバー・メタリック

https://www.honda.co.jp/

【ルナシルバーメタリック】は、当たり障りのない定番色。

シャープでエッジの効いた、シンプルなスタイリングに仕上げてくれるボディカラーです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

男性ユーザーを中心に人気を集めています。

無難な色という印象があるかもしれませんが、意外とセクシーな一面もあります。

シャープさの際立つシルバー色は、光が当たったときにボディのプレスラインを境に陰影感がはっきりと出ます。

ボディラインがくっきりと出て、さらに夕暮れ時にシルバーのボディに夕陽のオレンジが染まる瞬間なんかは、思わずスマホを取り出し写真を撮りたくなるくらい魅力的です。

この魅力は、ほかの色では出せません。

ボディカラー名に、ラテン語で月を意味する「ルナ」の名を冠しているのも納得ですね。(オシャレという意で)

4位 クリスタルブラック・パール

https://www.honda.co.jp/

淡いボディカラーを中心にラインナップする中、ランキング4位で【クリスタルブラックパール】が濃色初ランクインです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

「真っ黒な箱」感がすごいです(笑)

『ブラウン×アイボリー』色の内装だと室内が浮いてしまうので、「L」「L・ターボ」のグレードでのみ選択可能な『ブラック×ブラウン』の内装色で、外観の黒に合わせて室内色も引き締めるのがオススメです。

クリスタルブラックパールを選ぶユーザーは、カッコ良さを求める方が多いので、N-BOX (エヌボックス) カスタムの購入に流れることが多いことも、定番色ながら白・シルバー系カラーにランキング上位を譲る結果となった理由です。

パール塗装で、ブラックのなかに煌めく輝きが含まれており、光が当たるとキラキラするところがキレイで、所有感を高めてくれます。

フロントフェイスのさり気ないメッキ加飾が、映えるのもクリスタルブラックパールだからこそ!

5位 プレミアムアガットブラウン・パール

https://www.honda.co.jp/

【 プレミアムアガットブラウンパール 】は、シンプルで落ち着きのあるN-BOX (エヌボックス) 標準モデルに、よくマッチするボディカラーです。

特に女性人気が高いですが、所有者はファミリー層が多いこともあって、男性オーナーも良く見かけます。(結局、老若男女問わず人気があるということですね(笑))

ノーマルのままシンプルに乗っているだけで、オシャレに見える毛品漂う上品カラーです。

赤みの入ったブラウン色で、ボディがキレイな状態だと艶感たっぷりで高級感もバッチリです。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

ただ、逆に洗車を怠り汚れた状態のままだと、艶感半減、魅力半減…は、言い過ぎかもしれませんが、汚れが目立つデメリットは濃色の宿命ですね。

また、同じ濃色でもクリスタルブラックパールと違って、アイボリーの内装色ともマッチするのはブラウン系カラーの魅力であり、メリットでもあります。

6位 ブリティッシュグリーン・パール

https://www.honda.co.jp/

【ブリティッシュグリーンパール】も、プレミアムアガットブラウンパールとは違った、オシャレさ気品高さのある美しいボディカラーです。

ありそうで、なかなかないボディカラーなので、この色を目当てにN-BOX (エヌボックス) の購入を考えるようになったというオーナーさんもいるくらいです。

ブリティッシュの名そのままに、往年のイギリス車を彷彿とさせる深みのある、クラシックなグリーンカラーで、見ていて飽きることがありません。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

場合によっては暗い場所では、ブラックに見えたりもするね!

近所でも、オシャレな色だと話題に上がること間違いないです。

パール塗装なところがgoodで塗装面の美しさには惚れ惚れとします。

線キズ等がつくと目立ってしますので、長く丁寧に維持してあげたいところです。

7位 ピーチブロッサム・パール

https://www.honda.co.jp/

【ピーチブロッサムパール】は、優しく包み込んでくれるような母性を感じる色です。

派手なピンクではなく、清楚・優等生な雰囲気のピンク色である点が好印象です。

ピンクはピンクでも、いかにもな派手!感は薄いので、車種によってはピンクが好きだけど派手で目立つし…と諦めていた方も、N-BOX (エヌボックス) なら大丈夫なはずです!

レトロな雰囲気と相性の良い色なので、そういった方向性に愛車を仕上げたい方にオススメの色です。

レトロスタイル…と言えば、『コーディネートスタイル』

ブラウンカラーの挿し色に、レトロ×エレガントなデザインのホイール、メッキのドアハンドルの特別装備が、ピーチブロッサムパールに非常によくマッチします。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

あなたにとって、日常生活に華を添えてくれる一台となってくれるはずです。

8位 タフホワイトパールⅢ

https://www.honda.co.jp/

【タフホワイトパールⅢ】は、福祉車両モデルのみで設定できるボディカラーなので、ランキングは最下位となりました。(N-BOXの販売台数全体で比較したときの絶対数が少ない)

清潔感のあるベーシックカラーです。

よって、施設等に導入される法人向け車両として、多くのユーザーから選ばれています。

現役整備士が気になるN-BOXの色をピックアップ

N-BOX(エヌボックス)標準モデルの気になるボディカラーをピックアップして深掘りします!

オシャレ好きな女性にオススメのボディカラー

これはもう、わたしとしては一択です!

その名も、【コーディネート スタイル】です。

N-BOXに設定されるコーディネートスタイルは、マイナーチェンジ等により変更されてきました。

現在のコーディネートスタイルは、2020年12月のマイナーチェンジ時に設定されたものです。

https://www.honda.co.jp/

設定されるベースカラーは以下の3色です。

  1. プラチナホワイト・パール
  2. ピーチブロッサム・パール
  3. プレミアムアイボリー・パール
整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

どの色も、優しい風合いのトーンで親近感がわく色ですね。

そしてその挿し色が、よくあるブラックやホワイトではなく、ブラウンというところがオシャレ女子の心くすぐるポイントです。

この2トーンの組み合わせが、春らしい柔らかい雰囲気を演出。

クルマに乗るたびに、わたしたちオーナーを何だかワクワクさせてくれます。

「ピーチブロッサムパール」の色の解説部分でも触れたように、「レトロ」というキーワードがぴったりな【コーディネートスタイル】のボディカラーですが、レトロなのに新しいところが、やはりオシャレ女子には堪らないようです。

男性のわたしから見ても、魅力的なボディカラーです。

また、日本で一番売れているクルマがゆえに、至るところで自分の愛車の色と被る機会も自然と多くなりますが、コーディネートスタイルはその点絶対数が多くないので、自分らしさが出せるところも好印象です。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

しかも、どの色も洗車等のメンテナンスがしやすい淡いボディカラーという点も、いいですね!

まとめ【N-BOX 標準モデルの人気色・ボディカラーランキング】

日本で一番売れているクルマ「N-BOX(エヌボックス)」は、その名のとおり老若男女問わずさまざまなユーザー層から支持されているクルマです。

だからこそ、もっと多くのボディカラーの選択肢があってもいいのでは?とも思います。

2019年までラインナップされていた【プレミアムイエロー・パールⅡ】は、まさにそんな1色でしょう。

N-BOX(エヌボックス)はいまでは割と万人受けする、無難なボディカラーを主体としたカラーラインナップという印象です。

こうした黄色や、マツダにあるような鮮やかな赤、またブルー系のボディカラー等もあれば色選びももっと楽しくなるのでは?と思います。

整備士ヒロのアイコン画像整備士ヒロ

クセのあるボディカラーは販売される絶対数が多くないので、メーカーとしてもラインナップし続けるメリットは薄いのが本音でしょう。

しかし、ぜひ頑張っていただければわたしたちユーザーも嬉しいですね。

ただ、裏を返せば現在のN-BOX(エヌボックス)のカラーラインナップは、厳選された1軍カラーばかりであるということです。

どの色も、ステキな色であることに変わりはありません。

日本の道路事情・クルマの保有事情にマッチしたN-BOXですから、中古車も含めた少し古いモデルでも完成度は非常に高いです。

現行モデルに好みの色がなければ、以前のモデルにしかなかった色も多くあるので、数が豊富な中古車から選ぶのも良いかもしれませんね!

この記事を書いた人

元某国産ディーラー→現在は高級欧州車ディーラーの現役自動車整備士。
合格率3%とも言われるメーカー最上位資格を取得。

整備の技術・知識を競う全国大会にも会社代表で出場するなど、整備士としてやることはやりきってきました。

それらを活かしたカーライフに役立つ知識や、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

関連記事一覧

コメント

コメントする

目次
閉じる