‐新電力で無理せず節約‐ 姉妹サイトはコチラから

車両保険は中古車購入時に必要?不要?判断基準を独自解説

 新車ならまだしも、中古車を購入するときに悩むのが車両保険が必要か不要か問題です。

なぜなら、車両保険をつけたら保険料はつけないときの倍!…なんてことがザラにあるからです。

もしものときの備えは大事ですが、備えすぎて保険貧乏になってしまっては元も子もないですよね。

この記事は、そんな中古車購入に際して車両保険の必要性とその判断基準で悩んでいるあなたへのアドバイスになれば幸いです。

 

目次

車両保険は自動車保険に含まれる特約のひとつ

まずは車両保険について、おさらいしましょう。

車両保険は自動車保険にふくまれる特約のひとつで、加入するかしないかは最終的にはあなた自身の判断になります。

もしもの事故のとき、愛車に修理が必要になれば車両保険をつかって修理することができます。

ざっくり言うとこんなところですが、車両保険について解説している記事があるので、もう少しくわしく知りたいよーって方は、下のリンクからどうぞ。

あわせて読みたい
車両保険って自動車保険となにが違うの?素人でもわかりやすく解説するよ!
車両保険って自動車保険となにが違うの?素人でもわかりやすく解説するよ!先日、義理のお姉さんがクルマの免許をとり、人生初のクルマの購入を考えていました。わたしはクルマ屋なので、お金のことも含めて相談に乗っていたのですが、保険のは...

車両保険が必要な場合

車両保険が必要となる場合とその判断基準について解説します。

 

車両保険をつけるべき中古車

中古車といってもピンからキリまでありますが、以下のパターンの場合は車両保険をつけたほうがよいです。

 

  • 新車でも購入できる現行モデルの中古車
  • 現行の1つ前のモデルだが、年式が新しく状態のよい中古車

 

理由はひとつで、その中古車って安くないですよね?

たとえば、同じ100万円でもローンを組まなければ手が出せない人もいれば、それくらいの出費は痛くもかゆくやもない人もいます。

しかし、車格がコンパクトカーなどの比較的、手頃な価格帯の中古車であっても、決して安い買いものだとは言えません。

価値のあるものを、不慮の事故で失うことは間違いなくリスクです

保険はリスクに備えるためのものです。

自分は大丈夫だと思っていても、なにがあるのかわからないのが世の中です。

よってこの条件にあてはまる中古車である場合は、車両保険をつけるべきだと判断できます。

 

実際に体験した車両保険に未加入で損した話

実際の整備の現場で、車両保険未加入のお客さまが、せっかくの新しいクルマを自損事故で廃車にしてしまった場面に遭遇したことがあります。

ローンが残っているがゆえに、改めて新車を買うと二重ローンになってしまいます。

ふつうの人なら「そんなの関係ねぇー!」なんてもう一度、新車をローンで買うなんて暴挙にはおよばないでしょう。

クルマは生活するうえで必須で、仕方なく同じ車名のクルマではあるものの、2世代前の型落ちの中古車を買っていました。

せっかくの愛車が、新車から2世代も前の中古車になるなんてわたしなら耐えられません(泣)

もちろん保険内容によるものの、これが車両保険で新車特約をつけていれば、免責などはあるかもしれませんが、元と同じ新車に乗り換えることもできたのに…。

 

車両保険が不要な場合

車両保険が不要なのは、上記で解説したもの以外の中古車になります。

つまり、年式も古く走行距離も多い値段の安い中古車です。

おそらく、こうした中古車を選ぶひとはクルマに対して特別な思い入れもなければ、壊れたら壊れたで修理せずにだましだまし、ダメになるまで乗り続けるといった感覚のはずです。

多少ぶつけても走行に支障がなければ、気にしません。

それでも、日常の足としてクルマが無ければ困るからクルマは必要不可欠であると。

このように割り切ったひと(割り切れる人)が、安い中古車に乗る場合には車両保険は必要ありません。


こうしたカーライフのスタイルは決して悪いことではなく、非常に合理的です。

壊れたらまた安い中古車に乗って食いつなげばよいのですし、見た目を気にしないのは強みです。

そもそも、そんなに日常茶飯事的にクルマをぶつけてないでしょう(笑)

ならばとことん、お金を大事にケチに生きましょうよ!…ということで、保険料が高くなる車両保険は有無を言わさずカットです。

 

中古車に車両保険が必要か不要かの判断基準

ここまでの説明は抽象的でしたので、もっと具体的に判断基準を明記しましょう。

一般的な家庭では100万円が判断基準

おおむね、以下のような家庭を想定しましょう。

 

  • 夫は一般的なサラリーマンの平均年収くらい
  • 妻は扶養内でパート
  • 夫婦ともに30代
  • マイホームのローンを抱えている
  • 子どもが1人いる(幼児)

 

はい、まさにわたしのことなのですが。(笑)

でも、1番リアルに想像できるモデルだと思います。

生活にクルマは必要不可欠ですが、家のローンや養育費などで余裕たっぷりな生活を送っているわけではありません。


このモデルで考える車両保険が必要か不要かの判断基準は以下のとおりです。


【車両購入価格100万円以上であれば車両保険は必要】


はっきり言って、もしもの場合に備える保険に基準を設けて、これ以下は【不要】という2文字で済ませることはできません。

しかし、もしものときにつけておけば良かったと思うかどうかのラインなら、掲示することはできます。

それがここで設定したモデルの場合だと、車両購入価格100万円以上であれば車両保険は必要としました。

 

最終的な判断基準は自身の主観が大切

あなたに質問です!

 

1.あなたが買う中古車は高いですか?安いですか?

2.そして、車両保険に加入したときの自動車保険料は払っていけると思える金額ですか?

3.また、5年以上乗り続けるつもりですか?年数はとくに区切らず、壊れたら次また乗り換えればいいや!…という感じですか?

 

これらに対する答えはあなたの主観で結構です。

事故が起きたあとになれば、車両保険に入ってればよかった(入っててよかった)となるのは当たり前のことです。

それでも、少しでも生活費を節約したいのが誰しもが持つ本音です。

 

そこで、この3つの質問の答えを自分のなかで一度整理してみてください。

そして、あなたの買う中古車がある日突然なくなったときの感情を想像してみてください。

自分の中で、「次また車を買えば・・・!」と納得できる心の余裕が少しでもありますか?

結局のところ、最後はこの気持ちの部分があなたにとっての車両保険が必要か不要かの判断基準となります。

 

まとめ

少し、腑に落ちない結論になってしまったと感じる人もいるかもしれませんが、保険に対する考えかたは人それぞれ異なります。

また、中古車といってもその値段は幅広く、家庭ごとの経済状況によってその中古車が高いのか、安いのかはかわってきます。

この記事では、車両保険をつけておきたい中古車の価格を、クルマ業界ではたらくわたしのなかでの判断基準として例をあげてはみましたが、やはり最後はあなたの主観で納得できるかどうかがもっとも大事な要素となります。

 

中古車を買うときはクルマそのものはもちろんですが、保険に関しても焦らずじっくり考えていきましょうね。
 
いまは、ネットでも簡単に保険の一括見積もりができるのでぜひ利用してみてください。

この記事を書いた人

元某国産ディーラー→現在は高級欧州車ディーラーの現役自動車整備士。
合格率3%とも言われるメーカー最上位資格を取得。

整備の技術・知識を競う全国大会にも会社代表で出場するなど、整備士としてやることはやりきってきました。

それらを活かしたカーライフに役立つ知識や、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる