CX-30の内装の種類やデザイン、後部座席・荷室の広さをプロが徹底解説【身長185㎝でもイケる!】

マツダ
CX-30はヤングファミリー層を想定しているそうですが、果たして家族で使うのに不便なく使えるのでしょうか。
 

CX-3より広くてCX-5より狭いということはなんとなくわかるんだけど…

 
後部座席の広さはもちろんですが、荷室空間(ラゲッジルーム)の広さもライバル車種と比べてどうなのか気になりますね。

また、運転時に目のつく部分であるだけに内装のデザインも気になるポイントです。
 
 
ヒロ
ヒロ

そういったCX-30に対する疑問を、この記事では解説していきます。

スポンサーリンク

CX-30の内装色は2種類

もっとも大切かつ愛車でこだわりたいポイントのひとつが、内装カラーでしょう。

CX-30には以下の2種類の内装色が設定されます。
 
  • リッチブラウン
  • ネイビーブルー

 

それぞれの内装色についてもう少し掘り下げてみましょう。

 

リッチブラウンはどんな内装色?


リッチと名前がつくだけあって、上位グレードのLパッケージに採用される内装色です。

これと合わせて、シートは以下の2種類の本革シートが用意されます。

 

  • ブラック
  • ピュアホワイト
 

内装カラーに話を戻すと、上質なCX-30にふさわしく、落ち着いているけど重すぎないブラウンを採用することで、オシャレさを演出しています。

個人的にオススメはピュアホワイトのシートとの組み合わせです。

内装カラーにアクセントがついてオシャレで素敵だと思います。
 
 

ネイビーブルーはどんな内装色?

マツダ2にもネイビーカラーの内装が採用されましたが、今のマツダ社内でのトレンドがネイビーカラーなのでしょうか?

こちらは、以下の2種類のファブリックシートとの組み合わせが選べます。
 
  • ブラック
  • グレージュ

内装カラーについては、ネイビーといっても色調を抑えているので派手さはないのですが、少し好き嫌いの分かれる色かもしれませんね。

しかし、知的な印象があってCX-30にぴったりな内装カラーです。
 
どうやら素材感や色の見え方にもこだわって作られているようですね。
 
シートカラーに関しては、男性にはブラックが人気が出るでしょう

一方でグレージュは、オシャレ女子にぴったりの素敵なカラーです

ヒロ
ヒロ

わたしはアラサー男子ですが、グレージュ推しです。(笑)


このように内装カラーはそれぞれ、2パターンのシートカラーが選択できるので、全部で4つの内装色の組み合わせがあることになります。

クルマ選びをするうえで、内装選びも重要項目のひとつ…

ファミリーカーとしてお考えのあなたは、パートナーとケンカにならないように気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

内装デザインはマツダ3を踏襲

CX-30はマツダ3と同じシャシーが使われています。

よって、簡単に言えばマツダ3のSUV版といったところです。
 

メーター周りはマツダ3とほぼ同じイメージでOK

最近のマツダ車自体、全車種とおして統一感が図られているので大きくイメージがかわることはありません。

マツダ3と同じく3連メーターを採用し、ドライバーを包み込むような左右対称のデザインです。
 
※写真はマツダ3ですが、エアコンルーバーの形状も含めてほぼこのイメージです。

 

フロントガラス照射タイプのアクティブ・ドライビング・ディスプレイも全車標準装備。

スピードメーターとしてだけではなく、クルーズコントロールやナビ案内使用時にも必要な情報がカラーでくっきり見やすく表示されます。

目線移動がほぼなく、前方に視線を向けたままで必要な情報が確認できるのはとても便利で、安全運転にも一役買ってくれます。

 

ナビは新型マツダコネクト【マツコネ】採用

引用元URL;driver@web

 

CX-30のナビ(モニター)の形状は、外車を彷彿とさせる横長型のものです。

引用させていただいた写真からも分かるように、これもまたマツダ3と同じイメージでOKです。

新型マツコネは操作性や質感も大幅に向上。
 
悪評高いマツコネなんぞ、遠い昔の話です。
 
(そんな旧マツコネもアップデートにより大幅に機能や安定性は向上しています。これがマツコネのいいところですね。)

 Apple Car Playや、Android Autoにも対応しているのも嬉しいポイントで、スマホのナビ画面をそのままマツコネの画面に映して使うことが可能です。

もちろん、オプション用品設定されているナビゲーションSDカードを購入すれば、挿すだけで純正ナビも使用可能です。
 

ストレート形状のインナーハンドルは賛否両論?

マツダ3以降の新型車の新たなデザインとして採用されている、トレート形状のインナーハンドルは、直感的に使いづらいと感じるかもしれません。

例えば、これまでのマツダのインナーハンドルの写真は以下のものです。
 
※マイカーのアテンザのもので社外品のメッキの枠がついております。
 

そして、マツダ3やCX-30に採用されるのが以下の写真のタイプ。
 
 
 
わたしは上のタイプで慣れているので、CX-30にも採用されるストレート形状のものだと指をかけたときの感覚に違和感があり、どうも使いにくい印象です。

ヒロ
ヒロ

まぁこれも慣れでしょうかね。

存在感のあるセンターコンソールは高級感◎

引用元URL;webCG
 
SUVらしさ溢れるセンターコンソールは、高さと厚みが十分にあり使い心地も良さそうです。

自然な体勢で肘を置くことができるのでいいですね。

チープでひ弱なアームレストだったり高さが合わないクルマって意外と多いので、このあたりはドライバー中心のクルマづくりをしているマツダ…さすがです。

さらに、ドライバーと助手席の乗員が同時に使うことも考えられ、ゆとりある幅が採用されています。
 

また、センターコンソールの中は十分な収納スペースを確保しています。

 

深さがありますが、幅にゆとりがあるのと開口部そのものも大きく、物の出し入れをするときにアームレストが邪魔になることもなく、使いやすい印象です。

 

コンソール内部には

  1. HDMI端子
  2. USB端子
  3. 電源ソケット(シガーソケット)

が配置されています。

スマホをこのUSB端子にケーブルで接続することで、Apple CarPlay・Android Autoが使用可能です。

 

シフトパネルは幅広で存在感あり。

シフトパネルもアームレスト〜センターコンソールに続く形で、高さと厚みがあって幅広タイプです。

不思議なもので、アームレスト〜センターコンソール〜シフトパネルのセンターラインに幅と厚みがあると、高級感が出るんですよね

おそらくマツダの狙いどおりの演出なのでしょう。

さらに、写真でのパッと見だとピアノブラックだと勘違いしてしまいそうな素材感は、実は2層構造になっています。

素材の上にクリアがあるので、光が当たるとクリア層をとおして、ベースとなる素材感が浮き出てくる感覚があります。
 
※写真はマツダ3のものですが同素材のものがCX-30でも採用
 
ヒロ
ヒロ

カッコよくて、羨ましい…

 
これもまたマツダ3から採用されています。

マツダ3に乗ったとき、しばらくしてから「あれ?ピアノブラックじゃない?なにか違うな…」とわたしも時間差で気づいたので、本当にさり気ないポイントですね

 

スポンサーリンク

後部座席の広さや、荷室の広さは多くのライバルより広めだが…

CX-30は果たして、ファミリー層が使うのに満足いくサイズなのでしょうか⁉

後部座席と荷室空間を検証しましょう。

CX-30の後部座席は185cmでも座れる設計

引用元URL;driver@web

後部座席は必要最低限の快適性を持てるように設計されています。

着座位置=ヒップポイントを下げることで、頭上のスペースを確保しており、CX-3と比べて4.5cmほどの広さを確保しています。

これにより身長180cmくらいの人でも余裕をもって座れるようになり、外観のイメージよりも意外と余裕があるのかな?という印象です。

 

本当かな…?という疑念を持ちつつ実際に身長185㎝あるわたしが座ってみたところビックリ!

 

ヒロ
ヒロ

なんと背もたれに合わせて背筋を伸ばして座ってもギリギリ頭が天井に当たりません。

 

また先ほどの画像をよく見ると、後席用にセンターコンソール後端部にエアコンルーバーが設置されています。

このクラスで後部座席用にエアコンルーバーが装着されているものは決して多くないので嬉しいポイントです。

しかし、センタートンネル部(後部座席足元の真ん中)が盛り上がっており、これさえなければさらにゆとりある空間を作り上げることができる点が、少し惜しいところです。

 

感覚的なものですがまとめると、大人が4人乗れる必要最低限の空間は確保され快適性能も考慮されてはいるものの、絶対的な広さはないので、元々フィットのような【コンパクトカーだけど広いクルマ】に乗っていたユーザーにとっては不便に思えるかもしれません。

意外と広い?それとも狭い?CX-30の荷室

引用元URL;driver@web
 
後部座席と同じく、荷室=ラゲッジルームの広さはかなり重要なポイントです。

ライバルとして想定されるトヨタ C-HRやAudi Q2よりは実際に積載できる荷物量は多いようですね。

しかし、ゴルフバックを横に積むことは不可能です。
 
ホンダ ヴェゼルはこれが可能なので、ここはヴェゼルに軍配が上がります。
 

参考までに後部座席は倒さない状態の純粋な荷室容量を、ほかの車種と比較してみましょう。
 
車名 荷室容量
マツダCX-30 430L
トヨタC-HR 318L
スバル XV 385L
ホンダ ヴェゼル 393L
Audi Q2 405L
 
容量のみを純粋に比較するとCX-30の圧勝です。
 
だからこそ、ゴルフバッグが横積みできないのはもったいないウィークポイントのひとつになりますね。
 
逆に空間使いのうまさは、さすがホンダです。
 
また、CX-30の荷室の開口部は1020mm=およそ1mです。
 
後部座席が起きた状態での奥行きは、CX-3と比較するとおよそ80mm=8cm長くなっており、ベビーカー等は問題なく積むことができそうです。
 
ヒロ
ヒロ

ちなみに【20S】グレード以外は、すべてパワーリフトゲート標準装備です。

 
シート背面は【6:4】で倒れます。
 
このクラスのクルマでは【6:4】が標準ですが、1クラス上のCX-5のようにセンターシートのみも倒すことができる【4:2:4】であれば、シートアレンジの幅も広がって使い勝手が向上して、ライバルと差をつけるポイントになるのに…と感じます。
 

まとめ【CX-30の内装の種類やデザイン、後部座席・荷室の広さ】

マツダのラインナップのなかでもCX-3とCX-5の中間にあたり、腰高なハッチバック車といった印象を受けるCX-30ですが、内装の質感・クオリティはユーザーを満足させてくれることは間違いないレベルの仕上がりです。

ただ、室内空間の広さは実用性を持ったレベルで確保されているものの、決して広くはなさそうです。

しかし、この点はライバル車種たちも大きくかわりません。

このクラスのクルマの居住性に関しては、ご自身が納得できるのかそうでないのかを最終的には実車で確認するしかなさそうです。

日本国内のほとんどの立体駐車場に収まるサイズで、CX-3よりも広くて実用的なモデルがラインナップされたことは、マツダファンにとってもそうでない人にとっても、新たな選択肢が増える歓迎すべきことに違いはないでしょう。

また、マツダ CX-30への乗り換えを検討しているひとが、損せずお得に乗り換えするための方法を以下の記事で解説しています。(無料で査定の結果、今なら楽天ポイント5,000Pもらえるチャンスも!)

ネットの一括査定なのに、迷惑なセールス電話なし!!

プロの整備士だからこそ知る、あなたが今乗っているお車を高く下取りしてもらえるかもしれない方法ですのでぜひ、参考にしてみてください。

 

マツダ
スポンサーリンク
シェアして友だちにも教えてあげよう!
hiroadsterをフォローする
ヒロブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました