‐新電力で無理せず節約‐ 姉妹サイトはコチラから

CX-30の人気色・ボディカラーランキング!気になるあの色の順位は!?

ヒロ
ヒロ

現役プロの整備士のヒロです。
プロだからこそお伝えできる役立つ
クルマ情報を大放出しています

 

CX-30の購入を考えているあなたは、もうボディカラーを何にするか決めましたか?

リセールバリューを考えた無難な色にする?

それとも自分の好きな色を貫く?

ヒロ
ヒロ

まだまだ決めきれないあなたに、この記事を読んで決めてもらえるようリサーチしました!

 

あなたの未来の愛車へのイメージを膨らませながら、CX-30のボディカラーについてとことん語っていきましょう!!

↑ほかにも気になるCX-30の記事を多くご用意しています↑

 

また、マツダ3をはじめとした最近のマツダ車ってなかなか値引きが厳しいですよね。

欲しいオプション装備を予算の関係で諦めることにならないように、あなた自身でできる節約テクがあるので、ぜひご一読ください!きっと役に立つはずです♪
\\↓たった3分で読める!↓//
目次

CX-30の人気色・ボディカラーランキング

CX-30の外観の特徴といえば、樹脂製の大きなフェンダーアーチモールです。

賛否両論あるとは思いますが、これこそCX-30のデザインを語るうえでは外せないポイントでもあり、なおかつボディカラーを決めるうえで重要なパーツとなってくることは間違いありません。

では、CX-30で人気を集めているのは8色あるボディカラーのうち、どの色なのかランキング形式で、実際の写真と合わせて紹介していきましょう。

 

1位ソウルレッドクリスタルメタリック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最近與Mazda相當有緣,我想這樣的緣分應是來自於看對眼的喜愛,隨著Mazda 3將Mazda Kai概念車的Kodo(魂動)設計精神付諸實現後,這次於上市前讓大家預賞的全新Mazda CX-30,更是將此世代Mazda賞玩光線的技巧發揮淋漓盡致,透過環境的燈光照射,圓滑的車身鈑件卻能隨著光線角度,嶄露不同的銳利線條,簡約卻饒富趣味!好期待正式發表的到來然後細細品味,帶著它去旅行呢! #相機拿來拍手機拿來傳 #帶著相機去旅行 #映像生活 #ImageLife #Mazda #CX30 #魂動 #人馬一体 #KODO #MazdaKai #Canon #EOSR #FullFrame #Mirroless #台灣 #台湾 #台北市 #Taiwan #Taipei @mazdataipei

映像生活 Image Lifeさん(@imagelife2017)がシェアした投稿 –

CX-30のイメージカラーとなっているのは、いまやマツダ車を語るうえで欠かせない人気色【ソウルレッドクリスタルメタリック】です。

およそ25%のユーザーがソウルレッドを選んでいます。

ヒロ
ヒロ

白や黒といった定番色が人気上位を占めるのが普通ですが、【マツダの赤】に関しては別格ですね!

 

みなさん、実はソウルレッドって今の色は2代目であることはご存じですか?

 

 

現在のソウルレッドは、その艶やかさと奥深さに磨きがかかった上品な色で、CX-30の外観イメージにぴったりです。

ひと昔前までは赤色のクルマといえば、派手だったり自己主張の強そうなイメージを持たれがちでしたが、上品なソウルレッドにはそんなイメージはまったくありません。

 

また、マツダの赤がメジャーなボディカラーとして認知されて以降、各メーカーから類似ボディカラーが続々と出ましたね。

今までは躊躇して無難な色に落ち着いていたあなたも、これを機に赤色のクルマにチャレンジしてみるのもよいかもしれませんよ!

ヒロ
ヒロ

とはいえ無難な色が多い日本では、目立つことにある程度の覚悟は必要かもしれませんね。(笑)

 

2位ポリメタルグレーメタリック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

出ました。cx-30 #ポリメタルグレーメタリック フェンダーアーチモールの分厚さ以外はいいんじゃないでしょうか。内装のネイビー使いは💯 #cx30 #mazdacx30 #mazda

@ kasai_cxがシェアした投稿 –

MAZDA3から新設されたNewカラー【ポリメタルグレーメタリック】はCX-30のでも人気の高い色です。

およそ18%のユーザーが選択しています。

 

しっとりとしたソリッドな質感は、なかなか言葉で表現することがむずかしい色なのでぜひとも実車を見て感じていただきたい色・ボディカラーです。

【新色×新型車】の組み合わせは、あなたの愛車への満足感を高めてくれること間違いなし!

 

また、まわりからの注目度も高いでしょう。

今までのマツダ(またほかの自動車メーカーも含めて)のラインナップに無かった少し変わった色ですが、老若男女問わず受け入れられる色であることが人気上位のポイントです。

ヒロ
ヒロ

素敵なオシャレカラーですが地味な印象もあるので、そういた色を好まない人には受け入れられづらい色かもしれません。

 

3位マシーングレープレミアムメタリック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. 山口マツダ 防府東店 . Mazdaの思い〜A・セナの遺産〜 . F1ドライバーのA・セナ の 死後から20数年余り . セナは生前からF1の「安全性」について 多くの意見をあげていたそうです . セナの死後F1の死亡事故は 20年で一件もおこらなかったそうです . 続きは 山口マツダホームページへ プロフィールのリンクから ご覧頂けます 【@yamaguchi_mazda】 . #山口マツダ #mazda #yamaguchimazda #山口‪ #マツダ #防府東店‬ ‪#レノファ山口fc‬ ‪#レノファ山口‬ ‪#cx30‬

山口マツダさん(@yamaguchi_mazda)がシェアした投稿 –

【マシーングレープレミアムメタリック】の金属がもつ硬質感を表した色・質感は、内に秘めた力強い男らしさを感じます。

写真で見ると、ポリメタルグレーメタリックとの違いをあまり感じないものもありますが、実物はまったく異なります。

ポリメタルグレーメタリックが【オシャレ】だとすれば、マシーングレープレミアムメタリックは【スタイリッシュ】という表現が妥当でしょう。

 

陰影感がしっかりと出て、とてもかっこいいです。

また、男性を中心に人気の高い色・ボディカラーですね。

意外な要素として、思っているよりも汚れが目立つ印象があるので、こまめに洗車してきれいな状態を保てるようにしてあげましょう。

4位ジェットブラックマイカ

わたし自身、CX-30に限っては黒はあまり似合わないのでは…?と感じていましたが、実車を見て考えを改めました。(笑)

ジェットブラックマイカ】は黒というボディカラーの特徴である引き締まった印象を出しつつも、目立つフェンダーアーチモールが同系色で同化することによって、塊感のあるほかの色とは異なるカッコよさを表現しています。

 

一方で、CX-30のカラーラインナップのなかでは、もっともクセがなくて特徴のない色でしょう。(注:決して地味という意味ではありません)

よって、どうしても色・カラーが決めきれないという人で、【クルマが汚くても気にならない人】逆に、【こまめに洗車をすることが苦にならない人】は、ジェットブラックマイカを選んでおけば後悔しないのではないでしょうか。

 

5位スノーフレイクホワイトパールマイカ

実はこのいわゆるパールホワイト系カラーである【スノーフレイクホワイトパールマイカ】も、フェンダーアーチモールの面積が大きいCX-30では、微妙な色なのでは…?と考えていました。

ヒロ
ヒロ

しかし、これもジェットブラックマイカと同様に考えを改めることにしました。

 

スノーフレイクホワイトパールマイカの持つ、清潔感・高級感のある色は間違いなく万人受けされる色で、それはCX-30でも例外ではありません。

気になっていた、樹脂パーツであるフェンダーアーチモールとの全体のカラーバランスも意外と違和感ありません。

スノーフレイクホワイトパールマイカは、光の当たり加減によっては真っ白な白ではなく、少し黄みがった感が出たりします。

 

また、パール系カラーの持つキラキラ感も相まって、単調な色と思われがちですが様々な表情を見せてくれる色です。

洗車は気をつかわず楽で、汚れも目立たちません。

 

今回は、話題性のある色がほかに多いのでこのような順位に落ち着いてしまいましたが、なんだかんだスノーフレイクホワイトパールマイカは売れ筋のボディカラーであることは間違いありません。

 

6位チタニウムフラッシュマイカ

【チタニウムフラッシュマイカ】というと不人気色と言われることが多いボディカラーですが、ついにチタニウムフラッシュマイカが日の目を見る時代が来たかもしれません!

これまでのマツダのカーラインナップの中で、もっともチタニウムフラッシュマイカが似合うクルマこそCX-30です。

 

ほかのクルマだと【チタニウムフラッシュマイカは地味なカラー】で終わってしまうかもしれませんが、先進的なマツダデザインを持ったCX-30と合わさることで、非常に洗練された印象を受けます。

チタニウムフラッシュマイカのCX-8も洗練されたセンスのよさを感じるので、チタニウムフラッシュマイカとSUVスタイルは相性が良いのかもしれませんね!

 

大人の上質感ある色は、同世代より落ち着いた雰囲気が好みのあなたにぴったりなボディカラーです。

ヒロ
ヒロ

マイナー色かもしれませんが、わかる人にはわかる奥深い魅力をもった色がチタニウムフラッシュマイカです!

 

7位ディープクリスタルブルーマイカ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タッチアップペンをディーラーに注文しに行ったら、CX-30が飾ってありました。 しかも、ディープクリスタルブルーマイカ( ゜∀゜) メディアの写真見てる時は特に何とも思いませんでしたが、やはり実際に車見ると変わりますね、、、 ホントに丁度いいサイズ。CX-5はちょっと大きいな、、、と思ってた方にはベストなサイズかと。 まだ、登録できてないらしいので乗ることは出来ませんでしたが、試乗できるようになれば乗ってみたいですね。 #mazda #cx30 #ディープクリスタルブルーマイカ

dice.kさん(@tri.coron)がシェアした投稿 –

晴れた日の空の下で見る【ディープクリスタルブルーマイカ】の魅力がわかるあなたは、通です。(笑)

まわりの景色をきれいに映しこむところが、ディープクリスタルブルーマイカの魅力のひとつ。

青空に浮かぶ雲までもがボディにきれいに映りこむ様子には惚れ惚れしてしまいます。

 

また、夜に照明の下で見るディープクリスタルブルーマイカは、深い青みとマイカ塗装の煌びやかさが絶妙にマッチします。

ディープクリスタルブルーマイカはCX-30の美しいデザインを引き立ててくれるカラーです。

 

このように、特徴の少ない色かな?と思っていたら、さまざまなシチュエーションごとに異なる表情を魅せてくれる色・ボディカラーなので、購入後により一層【ディープクリスタルブルーマイカ】の虜になるユーザーが続出なのです。

ヒロ
ヒロ

だまされたと思って、あなたもディープクリスタルブルーマイカのCX-30のオーナーになってこの色の魅力をまわりに伝えてみませんか⁉

 

8位ソニックシルバーメタリック

【ソニックシルバーメタリック】のもつ、透明感と清潔感は予想以上にCX-30とマッチします。

CX-30は立体駐車場にも収まるサイズでありながら、運転のしやすさと室内空間を確保しており、都会のヤングファミリー層をターゲットにしているクルマです。

まさにそんなユーザーにぴったりなのが、ソニックシルバーメタリックです。

え?ただのシルバーでしょ?

 

と侮るなかれ。

都会的な洗練されたボディカラーで、CX-30のオシャレな内装ともベストマッチ!

また、ボディラインをシャープに際立たせてくれます。

ヒロ
ヒロ

汚れや傷も目立ちにくいので維持もしやすい色です。

 

ソニックシルバーメタリックを今まで検討すらしていなかったあなたは、ぜひ一度候補に加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

CX-30のピックアップカラーを紹介

ここまで人気ランキングというかたちで紹介してきましたが、いくつかの気になるボディカラーについて、もう少し深堀りしてみましょう。

 

ディープクリスタルブルーマイカを選ぶなら【L Package】がおすすめ

ボディカラーを選ぶうえで大切なのは外観の印象だけではありません。

内装色との【バランス】という点も大切にしたいですよね。

 

そこでもしあなたが、ディープクリスタルブルーマイカのCX-30の購入を考えているのであれば、L Packageグレードの購入をオススメします。

その理由は、CX-30の内装色にあります。

CX-30の内装色は【リッチブラウン】と【ネイビーブルー】の2色です。

 

※今後、マイナーチェンジや特別仕様車の追加などでバリエーションが変わる可能性あり

 

このうち、L Package以外のグレードはすべて以下の画像にあるネイビーブルーの内装色になります。

引用元URL:https://www.mazda.co.jp

 

何が言いたいのかというと、外観も内装もネイビー系カラーだと、くどくなってしまわないか?ということです。

ワントーンコーデでおしゃれとも捉えられなくもないですが、やはり外観も内装も似た色だと早くに飽きがきてしまわないかといった心配もあります。

 

というわけで、ここはアクセントをつけるためにリッチブラウンの内装を選びたいところですが、残念ながらリッチブラウンは最上位グレードのL Package専用の内装カラーとなります。

予算の問題もありますが、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

白・シルバーなどの明るいボディカラーでもフェンダーアーチモールは気にならない?

CX-30がお披露目された直後から注目された、ボディ側面の多くを占めるフェンダーアーチモールの樹脂パーツ部分は賛否両論集めていました。

 

あまりにも主張が強いので明るめのボディカラーは似合わず、同系色となる濃色を選択して目立たなくするのが最適ではないかと考えるユーザーも多かったです。

 

しかし、実際にさまざまなボディカラーのCX-30が一般ユーザーの目に映るようになると、そのようなネガティブな意見は当初に比べ少なくなりました。

Twitterで実際に目にした人の意見です。

 

 

このように実際にCX-30を見たうえでツイートしているひとは、おおむねデザインに好印象な意見が多いです。

逆に苦言を呈しているひとは、実車を見て言っていないであろうユーザーが多いようですね。

 

よって、濃色系が苦手で【スノーフレイクホワイトパールマイカ】【ソニックシルバーメタリック】を考えているあなたは、ネット上での意見なんて気にせずに胸を張って選んでOKです!

 

なんなら、さきほどチラっと紹介したようにCX-30は内装色が落ち着きのあるシックなカラーなので、ボディカラーに明るい色を選ぶことで内外装にアクセントがつくので、とてもよいですよ♪

ヒロ
ヒロ

個人的にも内外装、全体のバランスを考えると明るめのボディカラーを選びたいですね!

 

また、最後に渾身の1記事を紹介します。(笑)
マツダ3の人気オプション用品をまとめた記事ですが、CX-30でも参考になるところはあると思うのでぜひ♪

あわせて読みたい
マツダ3の人気オプションランキング&装着率BEST10!おすすめは意外なもの?|MAZDA3
マツダ3の人気オプションランキング&装着率BEST10!おすすめは意外なもの?|MAZDA3新車の購入時オプション用品って何をつければいいのか?という疑問は、みなさんお持ちかと思います。結構高かったりするし、別のもので代用できたりしないものなのか?...

まとめ【CX-30の人気色・ボディカラーランキング】

あなたの気になるCX-30のボディカラーはイメージどおりでしたか?

マツダは全ラインナップでデザインを統一しており、それに合わせてボディカラーのラインナップもおおむねほとんどの車種で同じようになっています。

 

ですので、他のマツダのクルマを見れば大体の色の印象はわかるのですが、それぞれの車種に合う・合わないというのは微妙に異なってくるので、これがボディカラー選びの難しいところでもあります。

 

ただこれは個人的な感想ですが、CX-30はこれまでメジャーではなかったボディカラーでも自然にマッチしてしまう魅力があります。

この要因のひとつは、デザイン全体を引き締めてくれる効果のある樹脂製のフェンダーアーチモールの存在が大きいです。

このフェンダーアーチモールが大きい面積を占めることで、ボディデザインだけでなくボディカラー自体の引き締め効果も期待されます。

 

国内外で高い評価を受けるマツダデザインはこうした部分にも目をつけ、ボディカラーもデザインの一部と位置付けて常に深化し続けていることが、CX-30を見るとよくわかります。

ヒロ
ヒロ

まわりの意見に左右されず、ぜひあなた自身が「これだっ!」と思った色を、自信をもって選んでください♪

 

また、CX-30への乗り換えを検討しているのなら、損をせずお得に乗り換えるための方法を、以下の記事で紹介しています。
(無料サービス利用で今なら楽天ポイント5,000Pもらえるチャンスも!)

 

ネットの一括査定にありがちな、迷惑なセールス電話なし!!

プロの整備士だからこそ知る、あなたが今乗っているお車を高く下取りしてもらえるかもしれない方法ですのでぜひ、参考にしてみてください。

この記事を書いた人

元某国産ディーラー→現在は高級欧州車ディーラーの現役自動車整備士。
合格率3%とも言われるメーカー最上位資格を取得。

整備の技術・知識を競う全国大会にも会社代表で出場するなど、整備士としてやることはやりきってきました。

それらを活かしたカーライフに役立つ知識や、ライフスタイルに関する情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる